アイプチは不自然

冬は唇も乾燥しがち!冬の唇ケアの方法は?

冬になると空気も冷たく乾燥しやすくなってきます。

 

乾燥した空気の中で過ごしていると、肌の水分もどんどん失われていき、乾燥肌や肌荒れに悩むことも多くなりますね。

 

乾燥はお肌だけではありません。唇も乾燥しやすい部位です。

 

笑ったりしゃべったりしたときに唇が切れてしまったり、メイクのノリが悪くなってしまうことも…

 

冬の唇ケア

 

今回は、そんな冬の唇の乾燥を防ぐための唇ケアの方法についてまとめてみました。

 

冬の唇が乾燥しやすい原因は何?

冬は空気が乾燥し、過ごしているだけでも肌や唇、のどなどが乾燥しやすくなります。

 

部屋の冷えを解消するための暖房器具が、さらに空気を乾燥させ、唇の乾燥を悪化させることもありますね。

 

唇はもともと皮膚ではなく、粘膜部類にあたります。

 

つまり、皮脂膜が存在しないため、水分保持力が低く非常に乾燥しやすい部位なのです。

 

しかも、口はほかのパーツよりもはげしく動かす部分でもあります。

 

食事や飲み物を飲んだり、歯磨きをしたりすることで、ますます水分も蒸発しがちになります。

 

女性の場合、メイクも口紅やリップ、グロスなど濃いメイクを施すことも多いですよね。

 

メイクを落とすクレンジングによる摩擦によるダメージも大きく、そのたびに負担がかかってしまいます。

 

唇以外の体や顔のパーツでは紫外線ダメージを防ぐためにUVケアを行うことも難しくありません。

 

ところが、唇はUVケアを行っていないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

蓄積された紫外線ダメージによりトラブルも起きやすくなり、さらに乾燥を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

 

リップクリームの塗り方を見直して正しい唇ケア

乾燥が気になるときは、リップクリームの塗り方を一度見直してみましょう。

 

 

リップクリームを塗るときは、唇のシワの流れに沿って縦に塗っていくのが正解です。

 

 

シワの隙間にもしっかりとリップクリームを浸透させるには、唇の形に添って横にさっと塗るだけでは不十分です。

 

 

また、リップクリームを塗るタイミングは、メイク前、食事の後、就寝前がおすすめです。

 

 

メイク前にリップクリームを使用することで唇を保湿し、潤いバリアを作り、摩擦によるダメージを防ぐことができます。

 

 

食事の後は唇についた汚れをふき取り、リップも落ちてしまうので、一度リップクリームをぬりなおして乾燥を防ぎましょう。

 

 

就寝前に使用すると、潤いをしっかりと唇に浸透させることができます。

 

日々の乾燥を改善し、プルプルの唇を目指すことができますね

 

 

ただし、リップクリームを過度に使用してしまうのも、かえって唇を乾燥しやすくなしてしまうことがあります。

 

使い方と頻度にも注意が必要です。

 

冬の唇の乾燥を防ぐためのリップクリームの選び方

唇の乾燥がひどいときには、リップクリーム選びにも注意したいものです。

 

 

乾燥した唇は非常にデリケートで、思わぬ刺激がダメージとなってしまうことがあります。

 

 

余計な香料やアルコールなどの添加物が含まれているものは極力避けていきましょう。

 

 

みずみずしい唇を維持するためにも、ミツロウやホホバオイル、コラーゲンなどが含まれているものを選ぶのがおすすめです。

 

 

また冬でも、日中はUVケアができるリップクリームを選べば、紫外線ダメージを防ぐことができます。

 

 

ただし、UVケア成分が刺激になることもあります。

 

就寝前のリップクリームは、UVケア成分が含まれていないものを使うようにします。

 

唇の乾燥がひどいときはリップパックがおすすめ

きちんとお手入れしているつもりなのに、唇の乾燥が思うように改善しないときは、リップパックを行ってみましょう。

 

 

パックをする前は、必ずメイクや汚れを落として、唇を清潔な状態にしてから行います。

 

 

普段使っているリップクリームを少し厚めに唇に塗ります。

 

その上からラップをして3~5分ほど放置します。

 

 

ラップをはがしてクリームを取り除けばOKです。

 

 

リップクリームではなく、ワセリンやはちみつを使って行うのも効果的です。

 

 

週に一度のスペシャルケアとして取り入れてみてくださいね。

 

 

まとめ 乾燥する季節も唇にうるおいを

冬の唇ケアの方法についてお話ししました。

 

 

リップクリームを使っている人は多いと思いますが、意外と正しく使えていないケースもあります。

 

 

これを機会に、正しい使い方をマスターして、空気が乾燥する季節をのりこえましょう!