アイプチは不自然

カラーコンタクト、3つのメリットと3つのデメリット

カラーコンタクトはもはやオシャレの一つとして、常識となっています。

 

大人はもちろんですが、中学生でもカラーコンタクトをする子も増えている時代です。

 

 

今回は、実際に使う前に知っておきたい、カラーコンタクトのメリットデメリットについて知っておきましょう。

 

カラーコンタクト3つのデメリット

まずはカラーコンタクトのデメリットについて。

 

最初に結論からまとめておくと、カラーコンタクトのデメリットは次の3つです。

 

  • 値段が高い
  • 目の安全面が心配
  • 使用時間が長いと目が乾く

 

カラーコンタクトは、透明のコンタクトに比べて値段が高くなっている場合が多いです。毎日つけるとなると経済的に負担になる場合があります。

 

最近は、バラエティーショップなどで気軽に買えるカラーコンタクトも増えていますが、デリケートな目に入れるものなので、安全面が心配です。

 

カラーコンタクトに限らず、コンタクトレンズは使用時間が長いと目が乾いてくる場合が多いです。

 

カラーコンタクトには以上のようなデメリットはありますが、やはりオシャレはあきらめたくないですよね。

 

カラーコンタクトも、選び方や使用方法を間違えなければ、安全にオシャレを楽しむことができます。

 

カラーコンタクトを使用している時は、定期的に眼科で検診を受けて目に傷や乾きなどの異常がないか調べてもらいましょう。

 

そして、カラーコンタクトの使用中に、コンタクト用の目薬をさすと目の乾きを防ぐことができます

 

カラーコンタクトの3つのメリット

続いて、カラーコンタクトのメリットについて。

 

カラーコンタクトのメリットは次の3つです。

 

  • 瞳が大きく見える
  • ファッションに合わせて顔の雰囲気を変えられる
  • コスプレ等をより本格的にできる

 

まず、カラーコンタクトの一番のメリットと言えば、瞳が大きく見えるということです。

 

目の白目よりも黒目の割合が多い方が、幼く可愛く見えます。カラーコンタクトを使うことによって、黒目の割合を多くすることができるので、裸眼の時よりも若く可愛く見えるのです。

 

また、黒目が大きくなることによって、目の存在感がアップし、目の印象が強くなります。目の印象がアップすることによって、目力がアップします。

 

次に、カラーコンタクトのメリットといえば、ファッションに合わせて顔の雰囲気を変えられるということです。

 

最近は、様々な色のカラーコンタクトが販売されています。

 

例えば、青系なら西洋風ハーフ顔に、グレー系はエキゾチックなアジアン系に、茶系は清楚なお人形顔になれます。自分のなりたいイメージに合わせて、毎日変えられるというメリットがあります。

 

そして、カラーコンタクトで忘れてはいけないのが、コスプレです。コスプレイヤーにとってカラーコンタクトはなくてはならない存在で、コスプレをより本格的にしてくれるのがカラーコンタクトなのです。

 

カラーコンタクトは、瞳が大きく見えて、オシャレの幅もグッと広がります。

 

ぜひ、カラーコンタクトでオシャレを楽しんでみてくださいね。